施設の魅力

手をつないだ家族

介護付有料老人ホームとは特別養護老人ホームやグループホームなどと同じ、高齢者向けの介護施設です。 特別養護老人ホームや介護老人保健施設が介護保険を利用した公的施設であるのに対して、介護付有料老人ホームは民間経営による施設になります。 特別養護老人ホームや介護老人保健施設には要介護認定1以上の要介護認定を受けている事が入居要件になってきますが、介護付有料老人ホームの場合、要支援1〜2の方でも入居可能です。 介護士は24時間配置されています。看護師も施設によっては24時間配置しているとこもあります。看護師を配置している施設では、様々な医療行為に対応が可能です。在宅酸素を利用している方、たん吸引が必要な方など、特別養護老人ホームや介護老人保健施設以上に、柔軟に対応しているところも多くあります。そうした面は民間経営である施設の強みであると言えます。

介護付有料老人ホームの利用をお考えの方も多くいらっしゃると思います。 しかし、実際にはどの施設を選べば良いかわからないということも多いと思います。 入居して生活するということは、文字通りその施設を家として、今後の生活を送るのです。施設選びは慎重に行うべきでしょう。 施設のパンフレットなどの資料を見たり、実際に見学に行く事も大切ですが、より深く検討するためには、体験入居というやり方が最も入居後の生活をイメージできるでしょう。ほとんどの施設が体験入居を実施していますので、入居を検討している施設があれば、問い合わせてみるとよいでしょう。 また、最近ではショートステイという形で、短期間の入所を受け入れる施設も増えてきています。有料のサービスになりますが、急な用事でどうしても家族が遠方に行かなければならない時などに利用する方が増えています。 入居するだけでなく、そうしたショートステイとしての利用方法もありますので、覚えておくと便利でしょう。