ポイントはどんな点か

笑顔の老婦人

介護の場面は、暗い気持ちに陥りがちです。 それは加齢や回復の見込めない疾患等、先行きに明るい見通しがつかない事からと考えられます。 近年介護は、目まぐるしく変化しました。 それは施設もサービスも世間の概念もです。 一昔前、介護には暗いイメージが付きまとっていました。 介護施設も、今ほど明るい環境は稀でした。 それは内装や職員さんのユニフォーム等、当時の介護のイメージを準えたようなものが主でした。 それが高齢化により社会の関心が高まり、介護に求めるニーズが高まって来たのです。 それからというもの、介護は飛躍的に変化しました。 現状は、明るく開放的な環境で自由やサービスの充実といったものが目立ちます。 職員さんのユニフォームもそれに伴うように変わり、機能的で心理的ケアを考えた色柄等配慮されるようになっています。 これらの傾向は今後もどんどんニーズに応える形で変化を遂げ、多くの人の理想に適う状態を維持し続けると期待出来るでしょう。

介護のユニフォームは、凡そ多数派に合わせて出来ているものです。 それは機能であればユニフォームを着る職員さんが前屈みになった時に、利用者さんのお体やお顔に触れないようにボタンやチャック等硬い物を省く等です。 デザインであれば、多くは心理的効果があるとされる色柄を選ぶ等です。 しかしそれが利用者さん全てに相応しいとは限らず、中には負担になったり不快感を示される事もある事を考慮しましょう。 昨今はそのようなケースに配慮されたユニフォームも見られるようになっていて、同じ施設内で様々なデザインのユニフォームを着る職員さんがいらっしゃいます。 それは主に色柄で、少数派の利用者さんにも好まれるよう配慮されたものです。 介護のユニフォームを決める際は、少数派の方にも受け入れて頂けるような配慮も行いたいものです。